アルペン/愛知・小牧DCに村田機械の3Dロボット倉庫導入

2020年08月06日 

アルペンは8月6日、愛知県小牧市の物流拠点「アルペン小牧ディストリビューションセンター(小牧DC)」に、村田機械の3Dロボット倉庫システム「ALPHABOT(アルファボット)」を導入すると発表した。

<ALPHABOTシステムのロボット台車「BOT」>

<システムの導入イメージ>

7月22日付で工事契約を締結。稼働は2021年7月を予定している。導入によって、物流業務の保管補充、ピッキング、仕分け、梱包の各工程で約6割の業務削減を目指す。

ALPHABOTは、村田機械が米国の物流ロボットメーカーAlert Innovation社から技術導入した、保管からピッキングまでロボット台車で完結させたシンプルな仕組みの自動倉庫システムで、日本での導入は今回が初となる。

従来の自動倉庫とは異なり、走行・昇降機能を有するロボット台車(BOT:ボット)が、保管ラックの外も走行してピッキングポイントに商品を自動で供給する仕組みで、定点ピッキングが可能。また、立体型倉庫のためAGV型ロボットより床面積あたりの保管効率が高く、商品格納や商品ピック時のワークステーションが併設されており、オーダー別ピックや、バッチ毎のトータルピックなど、柔軟な出荷プロセスへの対応が可能となっている。

アルペンは、物流体制の強化と多様化する顧客ニーズに対応するための新物流戦略を推進しており、その第一弾として小牧DCへのALPHABOTの導入を計画した。ALPHABOTについては、他の物流拠点への導入も検討し、納品時の仕分け作業軽減や、店舗の業務効率化につなげる。

■ALPHABOTシステム概要
ロボット台車:130台
保管数:約2万6000ケース
設置面積:69m×24m×高さ6m

最新ニュース

物流用語集