商船三井/座礁船、約1000MTの燃料油が流出

2020年08月11日 

商船三井は8月11日、モーリシャス島沖で座礁したばら積み貨物船WAKASHIOについて、日本時間8月11日早朝までに、船外に流出したと推定される約1000MT(メトリックトン)から推定約460MTが海上と陸上(海岸)で手作業により回収されたと発表した。

<モーリシャス沖で座礁し燃料油が流出>
モーリシャス沖で座礁し燃料油が流出
(写真:AFP/アフロ)

本船は、燃料として重油約3800MTと軽油約200MTを保有していたが、日本時間8月11日早朝までに、重油約1020MTは小型タンカーへ抜き取り回収した。

破損しているタンク内にあった約1180MTのうち約1000MTが船外に流出し、船上には重油約1,600MTと軽油約200MTが残っており、引き続き回収作業を継続している。

今回、商船三井が長鋪汽船の関連会社から用船し、運航しているばら積み貨物船WAKASHIOが、インド洋航行中のモーリシャス島沖で座礁により自力航行不能に陥り、救助作業中の8月6日に燃料油が流出した。

船体に入っている亀裂が拡大しており、自力航行不能のため、折損しても船体が漂流しないようにタグボートと係船している。

商船三井では、船主と共に当局との連携、情報収集、油濁拡大防止、流出油回収の支援を目的に、PCR検査の陰性結果が確認された6名の社員を11日に現地に向けて派遣した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集