三菱ふそうトラック・バス/ファイターをリコール

2020年08月20日 

三菱ふそうトラック・バスは8月20日、国土交通省にファイターのリコールを届け出た。

不具合の部分は補助ブレーキ装置(パワータード)。

2019年式中型トラックにおいて、パワータード(補助ブレーキ)解除制御用のクラッチスイッチがペダル奥側に設置されているため、クラッチ切断に対し、パワータードの解除タイミングが遅くなっているものがある。そのため、パワータード作動中にクラッチを踏んだ際、エンジン回転数が低下し、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。

全車両、エンジンECUの制御プログラムを対策品に書き換える。

不具合件数は、8件、事故はなし。リコール対象車の台数は993台。

■型式等は下記URLを参照
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001359171.pdf

最新ニュース

物流用語集