セイノーHD/ファンドが目標金額の70億円に到達、3社に投資運用

2020年08月24日 

セイノーホールディングスは8月24日、アンカーLPとして参画している、Logistics Innovation Fund投資事業有限責任組合(Logistics Innovation Fund)が、このほど新たなLP(リミテッドパートナーシップ)として金融機関2行から出資を受け、ファンドサイズが目標金額の70億円に到達したと発表した。

また、スタートアップ3社への投資を実行(一部予定)し、運用を開始した。

新たなLPは、Spiral Innovation Partners LLP(SIP)がGPとして運営しているLogistics Innovation Fundは今回、大垣共立銀行、十六銀行の2行から合計15億円の出資を受けたもの。

投資先は、ビットキー(事業概要/次世代ID/Keyプラットフォーム「bitkey platform」を提供 本社/東京都中央区)、ミナカラ(事業概要/OTC医薬品EC事業、オンライン服薬指導・処方薬配送事業を展開 本社/東京都千代田区)の2社と非公開企業1社は予定。

SIPが手掛けるのはSector-focused Venture Capitalの第一弾として組成された、物流周辺領域のスタートアップへの投資を行うファンド。投資テーマは1.物流周辺領域における新たなプラットフォーム(投資先例:投資実行予定の為非公開)、2.既存物流業務のプロセス改善(投資先例:ビットキー)、3.物流オペレーション領域の拡大(投資先例:ミナカラ)を主な投資テーマとしている。

投資ステージとしては、アーリー及びミドル・レイターを対象としており、1件当たりの平均投資金額はアーリーでは1.5億円、ミドル・レイターでは2.5億円を目安としている。

最新ニュース

物流用語集