テキスタイル物流/繊維品のEC物流事業に次世代センター稼働へ

2020年09月01日 

テキスタイル物流と協栄産業並びに椿本チエインは9月1日、テキスタイル物流が新設する大型総合サービスセンターに、国内初となる新物流システムを構築したと発表した。

<テキスタイル物流の大型総合サービスセンター外観>
テキスタイル物流の大型総合サービスセンター外観

<テキスタイル物流の大型総合サービスセンター鳥瞰>
テキスタイル物流の大型総合サービスセンター鳥瞰

テキスタイル物流は、繊維製品、生地等の保管、入出荷、二次加工、企画、OEMを主な事業内容とし、クリーニング工場、加工工場を併設した延床面積1万5000m2の大型総合サービスセンターを建設し、繊維品に特化したEC物流事業を行う。同センターは2021年1月竣工予定だ。

<ギークプラス社製物流ロボット「EVE」>
ギークプラス社製物流ロボット「EVE」

<椿本チエイン社製 チルトトレイ式仕分け装置「リニソートS-E」>
椿本チエイン社製 チルトトレイ式仕分け装置「リニソートS-E」

新物流システムは、ギークプラス社製物流ロボット「EVE」88台、保管棚2000基からなる大規模ピッキングシステムと、1万個/時の仕分能力を持つ椿本チエイン社製 チルトトレイ式仕分け装置「リニソートS-E」を連携することにより、作業者は倉庫内を歩くことなく商品をピッキング、自動で配送先別に仕分けることができる。

このシステムの導入により、通常100人規模で行う出荷業務を20人に省人化。通常時7万点/日の製品出荷を実現する。

棚搬送ロボットピッキングシステムと高能力ピース仕分け装置の連携は国内初だと言う。「EVE」と「リニソートS-E」、2つのシステムが連携することにより、さらなる自動化・省力化を実現る。

現在、新型コロナウイルスの影響で通販の利用が増加する中、物流施設内でのフィジカルディスタンスの確保をはじめ、さまざまな課題解決に貢献していくとしている。

なお、テキスタイル物流は都ユニリース100%出資の子会社で、2019年11月に設立され、長年培ってきた繊維業界でのノウハウは継承しつつ、物流倉庫建屋には、クリーニング工場、ミシン工場(修理、加工)、写真スタジオを併設しており、EC対応型の繊維製品に特化した「総合サービスセンター」と位置付けている。ヤマト運輸、佐川急便、福山通運、西濃運輸、日本郵便、浪速運送(立体ハンガー輸送)が提携運送会社となっている。

■新設大型総合サービスセンター概要
名称:テキスタイル物流総合サービスセンター
住所:岡山県倉敷市玉島乙島49-4
敷地面積:2万2332.97m2
延床面積:1万5000m2
構造:2階建て
設備:トラック8台同時並列接車可能なプラットホーム完備、セミオートデバンニングマシン、自動検収機、2頭式検針機、ロボット棚システム、立体自動ソーターシステム、高速自動ソーターシステム、QRコードオートラベラー、クリーニング機器、トンネルフィニッシャー、各種仕上げ機、刺繍機、各種ミシン、イージーリフト(作業補助マシン)、
クライアント用ECサイトスタッフ100名~150名分の事務所スペース。
駐車場:200台(~400台まで増設予定)

最新ニュース

物流用語集