井本商運/国交省の「船員安全・労働環境取組特別賞」に選定

2020年09月10日 

井本商運は9月9日、国土交通省主催の「2020年度 船員安全・労働環境取組大賞(トリプルエス大賞)」の特別賞に関西で初めて選定されたと発表した。

<(左から)大坪海事局長、井本社長、山下次長、多門海事局次長>
(左から)大坪海事局長、井本社長、山下次長、多門海事局次長

井本商運は『「新たなる脅威に備えて」~COVID-19対策に学ぶ正常性バイアスに囚われない即応プロセス~』と題し、新型コロナウイルス感染拡大の対応策として、入手した情報を船舶での対応に置き換え、「知識」を高め、個人の「自覚」を促す対策に取り組んだ。

一例として、「啓発ポスターのようなビジュアル面を重視した資料の展開」「消毒マニュアルの策定及び訓練の実施む「船内罹患者発生時の対応フローチャートの作成」といったより即応力を高める対策を打ち出し、感染防止の水際対策と感染した際を想定した、実践的な事前対策を行った。

このような取り組みが新型コロナウイルス感染対策として、迅速かつ実践的な対策を講じ、今後も継続して有効性を発揮されることが期待されると評価されたもの。

なお、2014年度からスタートした同賞は、日本の物流を支える船で働く船員や事業者が日々努力している、安全運航や船員の労働災害防止・健康管理・労働支援に関する先進的で優良な取組を選定し、幅広く周知展開するもの。

最新ニュース

物流用語集