ダイワコーポ/狭域商圏ECサービスのレスティルへ出資

2020年09月10日 

ダイワコーポレーションは9月10日、レスティルへ1000万円を出資したと発表した。

<ダイワコーポレーションが解決を目指す社会課題と「ポスケット」によるソリューション>

レスティルは、リアル店舗を持つ小売事業者とその近隣消費者の商取引に最適化したEC&デリバリーサービスの提供を目指し、2017年8月に百貨店業界出身の代表取締役足立氏により設立された企業。

デリバリープラットフォーム「ポスケット」は半径5kmの狭域商圏を対象としたデリバリープラットフォームで、売る側の店舗と買う側の消費者だけでなく、買う側同士も距離が近い狭域商圏の特性を活かしたコンセプトをもとに、既存サービスとは一線を画した専用ECアプリとIoT宅配ボックスの組み合わせで設計されている。

<「ポスケット」の狭域特性を生かした今後の機能ブラッシュアップ>

ダイワコーポレーションは、「ポスケット」にシナジーと大きな可能性を感じ、今後より狭域商圏にマッチしたポスケットサービスの開発・導入を加速して欲しいと考え、出資および協業を決めた。

■レスティルの会社概要
所在地:東京都千代田区鍛冶町1-10-6 BIZSMART神田506号室
設立:2017年8月
資本金:900万円(2020年8月末時点)
事業内容:狭域商圏型EC&デリバリープラットフォーム「ポスケット」の開発とサービス提供
アプリケーションやソフトウェアの企画・設計及び販売
販売促進、商品開発、マーケティングなどに関するコンサルタント
インターネット等のネットワークを利用した広告業務や各種情報提供サービス

最新ニュース

物流用語集