トランテックス/日野プロフィア1638台リコール

2020年09月24日 

トランテックスは9月24日、同社製の部品を採用した「日野プロフィア」のリコールを国土交通省に届け出た。

<改善箇所>

不具合の部位は、スペアタイヤキャリヤのブラケット。

強度設計が不適切なためブラケットの強度が不足しており、走行振動等によりブラケットに亀裂が生じるものがある。そのまま使用を続けると亀裂が進行し、最悪の場合スペアタイヤが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両のスペアタイヤキャリヤブラケットを対策品に交換する。

対象は「日野プロフィア」計30型式1638台。また、交換修理用部品として出荷し、組付けされた車両が特定できないものが177個ある。

■型式等は下記URLを参照
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001363977.pdf

最新ニュース

物流用語集