川崎汽船/大規模海難事故に備えた大規模事故対応演習を実施

2020年10月07日 

川崎汽船は10月6日、大規模海難事故に備えた緊急対応訓練の一環として、「大規模事故対応演習」を実施した。

<事故対策本部の様子>
事故対策本部の様子

<模擬記者会見の様子>
模擬記者会見の様子

演習は、川崎汽船が運航する石炭運搬船が瀬戸内海を航行中、内航タンカーと衝突し相手船の貨物油タンクから漏洩して付近沿岸へ漂着、また相手船の乗組員が行方不明になるという想定のもと実施した。

演習には、船舶管理会社、弁護士、コンサルタント会社および保険会社など、同社社員のみならず多くの人々の協力を得て、実際の対応さながらの実践的なものとなった。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、在宅勤務中の役職員がいるという状況で、オンラインツールを用いた緊急対応時のコミュニケーションを高めると共に、その中での課題を確認した。

演習終盤には、事故に関わる模擬記者会見を実際の会場とオンラインで同時開催。会見では記者役のコンサルティング会社の方々から、明珍社長を始めとする登壇者に対して多くの質問がなされ、本番さながらの緊張感のある模擬記者会見となった。

また、傭船で事故が発生した場合の迅速な対応かつ川崎汽船との連携向上を目的として、一部の船主の人々にも演習を見学してもらった。船主各位からの提起された講評は、万が一の事故発生時の対応の向上に最大限生かしていくとしている。

最新ニュース

物流用語集