ヤマト運輸/世界初、小口保冷配送の国際規格ISO 23412認証取得

2020年10月08日 

ヤマト運輸と沖縄ヤマト運輸は10月8日、小口保冷配送サービスに関する国際規格 ISO 23412:2020(ISO 23412)の認証を、9月4 日に世界で初めて取得したと発表した。

<授与式の様子 左から、ヤマト運輸の栗栖 利蔵社長、BSI グループジャパン 根本 英雄社長>
授与式の様子 左から、ヤマト運輸の栗栖 利蔵社長、BSI グループジャパン 根本 英雄社長

ISO 23412は、2020年5月28日に発行されたISO規格。小口保冷配送サービスのうち、荷物の積み替えを伴う輸送形態を対象とする国際規格であり、車両に搭載されている保冷庫などの空間の温度管理を中心に、配送中の積み替え作業に関する要求事項が規定されている。

ヤマトグループは2017年からPAS1018の認証を取得し、アジアを中心に、各地域での保冷宅配便サービスの提供および各国での保冷配送の品質向上に取り組んできた。今回、これまでの実績を基にヤマト運輸および沖縄ヤマト運輸は第三者機関からの認証移行審査を受け、ISO 23412を取得した。

ISO 23412の認証取得により、高いサービス品質を維持し、顧客に安心して利用してもらえるサービスの提供を行う。さらに各国の物流事業者に対し、認証取得に向けた働きかけを行うことで、各国の小口保冷配送サービス市場の健全な成長と拡大を促し、フードロスの低減など社会課題の解決に貢献していくとしている。

なお、PAS 1018とは、小口保冷配送サービスのうち、荷物の積み替えを伴う輸送形態を対象とする国際規格で、ヤマトホールディングスを始め、日本国内の保冷宅配便サービスを扱う事業者、海外の業界団体等の組織も参画し2017年2月28日に策定された。

■認証の概要
認証規格名:ISO 23412:2020 Indirect, temperature-controlled refrigerated
delivery services – Land transport of parcels with intermediate transfer
認証登録組織:ヤマト運輸、沖縄ヤマト運輸
認証登録番号:TCDS 660200
認証登録範囲:クール宅急便、国際クール宅急便
認証機関:BSIグループジャパン
認証登録日:2020年9月4日

最新ニュース

物流用語集