トッパン・フォームズ/低温環境対応配送用ラベル発売

2020年10月19日 

トッパン・フォームズは10月19日、冷蔵・冷凍の温度帯で使用しても配送物から剥がれにくく、一般的なオートラベラーによる自動貼りに対応した配送用ラベル「EXフォーム サーマルコールドタイプ」を販売開始した。

<EXフォーム サーマルコールドタイプ>
EXフォーム サーマルコールドタイプ

この製品は、マイナス20℃以下の冷凍環境でも粘着力を維持し、プラスチック素材にも強く接着する。そのため、今まで低温管理が必要な冷凍食品などで問題となっていた送り状の脱落リスクを解決する。

また、感熱プリンターによる宛名の高速印字に対応し、一般的なオートラベラーでの自動貼りも可能なため、近年の通販需要の増加に伴う大量発送のシーンでも活用することができる。

なお、これまで低温環境に強く、感熱プリンターによる大量印字や自動貼りに対応した配送用ラベルがなかったため、企業は送り状が剥がれ落ちてしまうリスクを抱えながら配送を行っていた。

今後、トッパンフォームズは、食品業界、百貨店業界、物流業界、医薬品業界を中心とした低温管理が必要な配送物を扱う業界をターゲットにこの製品を拡販し、2023年度までに累計2億円の売上を目指す。

最新ニュース

物流用語集