LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トッパン・フォームズ/オーバーフィルム一体のICタグ販売開始

2021年08月24日/IT・機器

トッパン・フォームズは8月24日、ICタグ表面にオーバーフィルムをラミネートすることで、擦過や紫外線から表面の印字を保護することができる「オーバーフィルム一体型ICタグ」を開発し、本日から販売開始したと発表した。

<ロール状の「オーバーフィルム一体型ICタグ」>
20210824toppanf1 - トッパン・フォームズ/オーバーフィルム一体のICタグ販売開始

<管理対象への貼付イメージ>
20210824toppanf2 520x440 - トッパン・フォームズ/オーバーフィルム一体のICタグ販売開始

オーバーフィルムが一体となったICタグは業界初(同社調べ)の製品。

開発した「オーバーフィルム一体型ICタグ」は、印字・エンコード済のICタグと表面を保護するためのオーバーフィルムが一体となったICタグ。管理対象へのICタグの貼付と、QRコードやシリアルナンバーなどの表面印字の保護を一度の作業で実現することが可能となり、作業負荷が従来の3分の2に軽減できる。

手軽な貼付作業で、屋外保管や管理対象物同士の接触、管理対象の洗浄といった過酷な環境下でも長期活用できるICタグを提供することにより、製造現場の固定資産管理や、医薬品の管理など、さまざまな現場のIoT技術を活用したDX化に貢献する。

製造業界や物流業界、医療現場などでは急速にDX化が進んでおり、ICタグはIoT技術を活用した物品管理の有効な手段として幅広く活用されている。ICタグは複数の物品の管理情報を遠方からでも一括読み取りできるほか、目視確認や位置情報などとの紐付けを目的に、表面にQRコードやシリアルナンバーを印字することができる。

しかし、従来のICタグには表面を物理的に保護する構造が無く、印字が擦過や紫外線などで消えてしまうリスクがあり、多くの現場では印字を保護するための透明フィルムを人手で貼付している。人手不足の中、現場における重ね貼りの作業は大きな負担となっていた。

トッパンフォームズは、製造、物流、医療分野を中心に「オーバーフィルム一体型ICタグ」の設計開発や読み取りアプリケーション開発、販売を進め、ICタグ、読取機器などを含め2026年までに5億円の売り上げを目指す。

■概要
製品サイズ:28×83mm
アンテナサイズ:14×70mm
通信プロトコル:ISO 18000-63 / EPC Global Gen2v2
動作周波数:860-960MHz
通信距離:8m(出力1W)
一括読取性能:プラスチック箱 300箱 以上 (出力1W)
耐候性・耐擦過性:耐候性試験機(降雨有)250時間暴露後もQR読取可
エタノール浸漬した綿布で1000回擦過もQR読取可

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース