ANA、アイン、セブン/離島へ日用品や医薬品をドローン配送

2020年11月24日 

ANAホールディングス、アインホールディングス、セブンイレブン・ジャパン、福岡市は11月24日、同市内で自律制御システム研究所、NTTドコモとともに、セブン‐イレブンのEC商品やアイン薬局の処方箋医薬品をドローンで即時配送する実証実験を行うと発表した。

<実験に使用するドローン>
ドローン物流

<配送経路>
ドローン物流

実証実験は12月2~5日にかけて実施。福岡市ヨットハーバーから福岡市西区能古島へ、「セブン‐イレブンネットコンビニ」で注文された商品や、アイン薬局の処方箋医薬品(対面での服薬指導済み)を配送する。能古島には、3か所のドローンポートを設置し、島民が指定したポートで荷物を受け取れるようにする。

能古島は博多湾の中央に位置する離島で、人口は720人(200世帯)。島内には生活用品を扱う商店が無く、日常の買い物は島外の小売店や日用品宅配に頼っており、医療面でも島内の診療所で対応できない専門医療や調剤は島外の医療施設を利用している。そのため、ドローンを用いた即時配送によって、生活利便性の向上に寄与する狙い。

なお、同実証は、国土交通省・環境省連携事業「社会変革と物流脱炭素化を同時実現する先進技術導入促進事業(過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業)」として実施する。

■各社の主な役割
ANAホールディングス:ドローンの遠隔運航管理、配送通知を含む配送管理システム、実証総括
アインホールディングス:処方箋医薬品の提供
セブン-イレブン・ジャパン:セブン-イレブン店舗との調整および「セブン‐イレブンネットコンビニサービス」の提供
自律制御システム研究所:ドローン機体の提供および運航サポート
NTTドコモ:ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークの提供
福岡市:地域および関係者との調整等

最新ニュース

物流用語集