JPR/町工場と連携、木製パレット廃材からヴィンテージ家具製造

2020年12月11日 

日本パレットレンタル(JPR)は12月10日、廃材等をリサイクルしてヴィンテージ家具等を製造するパレットハウスジャパンに、木製パレットの廃材を提供すると発表した。

<オフィスや店舗に導入されたアップサイクル製品>
20201211jpr 520x342 - JPR/町工場と連携、木製パレット廃材からヴィンテージ家具製造

20201211jpr1 520x390 - JPR/町工場と連携、木製パレット廃材からヴィンテージ家具製造

パレットハウスジャパンは東大阪にある町工場で、廃古材にデザインやアイデアといった付加価値を持たせ別の製品にアップグレードする「アップサイクル」という手法によってヴィンテージ家具等を製造している。

同社に対して、JPRは使用できなくなった木製パレットを資材として提供することで、産業廃棄物として処理されてきた木製パレットのリサイクルを促進し、環境に寄与する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集