鴻池運輸/岡山県・鳥取県と広域物資輸送拠点利用で協定締結

2021年01月18日 

鴻池運輸は1月18日、岡山県および鳥取県と「災害時における広域物資輸送拠点としての利用に関する協定」を、締結した。

<真庭配送センター>
20210118konoike1 520x174 - 鴻池運輸/岡山県・鳥取県と広域物資輸送拠点利用で協定締結

これは、両県に地震、津波、風水害などによる大規模な災害が発生した場合、鴻池運輸の真庭配送センター(岡山県真庭市)で、被災者向けの支援物資の搬入、仕分け、保管、搬出などに協力することを目的とした協定。

真庭配送センター災害時における広域物資輸送拠点としての協力範囲は、「広域物資輸送拠点は、岡山県・鳥取県からの要請後、概ね72時間以内に開設する」「搬入出などを行うための場所を、概ね1000m2(少なくとも500m程度)確保する」「5名程度が搬入出などのための事務作業を行える場所を確保する」「荷役作業員、フォークリフト・フォークリフトオペレーターなど、搬入出などに必要となる人員・資機材などを確保する」の協力内容となる。

<コロナ感染防止対策のためWeb会議で実施>
20210118konoike2 - 鴻池運輸/岡山県・鳥取県と広域物資輸送拠点利用で協定締結

<協定書を手にした鴻池社長>
20210118konoike3 520x359 - 鴻池運輸/岡山県・鳥取県と広域物資輸送拠点利用で協定締結

鴻池運輸の鴻池 忠彦社長は「当社の企業理念は、「『人』と『絆』を大切に、社会の基盤を革新し、新たな価値を創造します」。人と絆とは、従業員、取引先はもちろんのこと、地域社会との関係を大切にするということを意味している。我々は、社会の公器としての役割を常に意識しており、これまでも地震や台風などの自然災害発生時には、当社グループが提供する、物流、メディカル、空港業務などを通じて、社会インフラの緊急支援対応に取り組んできた。今回の協定についても、単に施設やスペースの提供ではなく、災害・緊急時において命を守る、生活を守るという、覚悟を持って関係者・従業員一同取り組んでいく」とコメント。

鴻池運輸は、これまでも地震や台風などの自然災害発生時に、KONOIKE グループで行っている物流、医療、空港業務などを通じて社会インフラの緊急支援対応に取り組みつつ、緊急時対応の知見を重ねてきた。今後も引き続き、地域社会からの安全確保要請に積極的に貢献していきたいとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集