日通、東京センチュリー/日通商事のリース事業分社化で協業

2021年01月18日 

日本通運と東京センチュリーは1月18日、日通商事のリース事業分社化に伴い、分割準備会社「日通リース&ファイナンス(予定)」の株式を取得することにつき合意したと発表した。

日通商事のリース事業を、日本通運が新たに設立する新設会社に対して、分割型吸収分割の方法により承継させる。その後、東京センチュリーが新設会社の発行済株式数の49%に相当する普通株式を日本通運から取得し、損害保険ジャパンが新設会社の発行済株式数の 2%に相当する優先株式を取得する。

新設会社は日本通運、東京センチュリー、損保ジャパンの3社による共同出資会社となり、日本通運と東京センチュリーの持分法適用関連会社となる予定。

今回、日本通運、日通商事、東京センチュリーの3社は、日本通運グループが有する信用力、多様な顧客基盤、リース事業のケイパビリティと、東京センチュリーがパートナー企業との共同事業で培った金融・サービスノウハウを融合させることにより、社会・顧客の発展に役立つ最適なサービスを提供し、事業の成長を目指す。

新設会社は今後、日本通運グループのバランスシートコントロールの実施に向けた役割を果たすとともに、成長期待分野への積極的な事業展開を行うことにより、日本通運グループと東京センチュリーの資本効率および企業価値の向上にも貢献していくとしている。

■新設会社の概要(2021年3月31日時点)予定
名称: 日通リース&ファイナンス(予定)
所在地: 東京都港区海岸一丁目 14 番 22 号(予定)
代表者の役職・氏名:日通商事および東京センチュリーから1名ずつ選任する予定。
事業内容:リース事業
資本金:10億円(予定)
設立年月日:2021年1月15 日
決算期:12月31日(予定)
大株主と持株比率:(2021年3 月31日時点)日本通運49.0%、東京センチュリー 49.0%、損害保険ジャパン 2.0%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集