ブラザー工業/名古屋市港区で1.2万m2の新倉庫建設に着手

2021年01月19日 

ブラザー工業は1月18日、名古屋市港区で新倉庫の地鎮祭を行った。

<完成イメージ>
20210119brother 520x241 - ブラザー工業/名古屋市港区で1.2万m2の新倉庫建設に着手

新倉庫は20億円を投じて建設。延床面積1万1860m2の2階建てで、11月の完成を予定している。

建設地は名古屋港のコンテナヤードや名古屋高速の出入り口に近接しており、物流効率の向上や物流費用・CO2排出量の削減につながる立地。完成後は、産業領域を中心としたビジネス拡大に伴う製品や部品の保管需要の増加に対応する。

■新倉庫の建設概要
建設地:名古屋市港区港明1-1015-3(ブラザー工業 港工場隣接地)
延床面積:1万1860m2(2階建て)
施設用途:製品、部品の保管
着工:2021年1月
完成予定:2021年11月
投資額:20億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集