川崎汽船/サプライヤー・エンゲージメント最高評価3年連続

2021年02月10日 

川崎汽船は2月10日、環境情報の調査・開示を行う国際非営利団体(NGO)のCDPより「サプライヤー・エンゲージメント評価」における最高ランクの評価である「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に3年連続で認定されたと発表した。

<サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード>
20210210kline - 川崎汽船/サプライヤー・エンゲージメント最高評価3年連続

「サプライヤー・エンゲージメント評価」とは、企業のサプライチェーン全体での気候変動・温室効果ガスの排出量削減への取り組みについて調査し、企業を格付けするもので、同社の戦略と行動が評価されたもの。

今回は、世界で対象会社5640社の内、396社(うち、同社を含む日本企業は83社)がリーダー・ボードに選出された。

同社は、グループの強みである「安全」、「環境」、「品質」をさらに磨いていくために、「”K”LINE環境ビジョン2050」を昨年6月に改訂し、「脱炭素化」や「海洋・大気への環境影響低減」に取り組んでいる。今後も環境フロントランナーとして、世界中のより多くの人々に、環境に低負荷で高効率な海運のメリットを提供し、持続可能な社会の実現を目指していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集