LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/MOLマリンとMOLエンジニアリングを4月1日に合併

2021年02月16日/SCM・経営

商船三井は2月16日、完全子会社のMOLマリンとMOLエンジニアリングを年4月1日付で合併すると発表した。

MOLマリンを存続会社とし、MOLエンジニアリングを消滅会社とする吸収合併の形で行う。合併後の新会社名は、MOLマリン&エンジニアリングで、資本金は1億円。代表者にはMOLマリン社長の稲岡俊一氏が就く。

新会社は、海洋技術全般のコンサルティング、船舶の修繕や入渠でのエンジニアリング、安全監督請負、海底通信ケーブル敷設船の運航管理などを事業内容とする。また、本社は東京都港区の商船三井本社ビル内に2021年6月末をめどに移転する。

合併する2社はともに1988年に設立。MOLマリンは、港湾施設や船舶交通のコンサルティング、大型シミュレータを使った海上職員のトレーニング、海底ケーブル敷設船のマネジメントといった事業を展開。MOLエンジニアリングは、舶用機器の点検整備、2015年のバラスト水処理装置や2019年のSOxスクラバー既存船のレトロフィットなどの海洋環境保全や人命の安全に関連する国際ルールの対応を行ってきた。

商船三井では、コロナ禍で海上物流の要求が高度化し、効率的な世界全体のバリューチェーンへの貢献や環境への対応が求められる中、2社の合併を通じてハード、ソフトの両面から積極的に取り組む体制を整え、コロナ後の海上物流を見据えたサービスの提供を目指す。

また、同社が重点事業として経営資源を集中する海運に関連する周辺事業や自律運航の分野で2社のノウハウが生かせる効果も見込んでいる。具体的には、MOLマリンが海底ケーブルの敷設を通じて持つ洋上の様々な環境下で船位を自動で保持する技術、MOLエンジニアリングが長年蓄積したエンジニアリングの経験が、今後拡大が見込めるLNG発電や風力発電などの海洋事業で強みとなるとしている。

■新会社の概要
名称:MOLマリン&エンジニアリング
本社所在地:港区虎ノ門2丁目1番1号(2021年6月末をめどに商船三井本社ビル内に移転予定)
資本金:1億円
事業内容:海洋技術全般のコンサルティング、船舶の修繕と入渠に関するエンジニアリング、安全監督請負、海底通信ケーブル敷設船の運航管理など

関連記事

SCM・経営に関する最新ニュース

最新ニュース