インフュージョン/在庫管理システムに新機能を2月18日から追加

2021年02月17日 

インフュージョンは2月17日、主力サービスであるクラウド/SaaS在庫管理システム「在庫スイートクラウド」で、2月18日より、アイテムごとの注意メッセージを自動通知する新機能を提供すると発表した。

<出荷時に該当アイテムの注意点を通知している様子>
20210217infeejohn1 520x359 - インフュージョン/在庫管理システムに新機能を2月18日から追加
<在庫スイートクラウド イメージ画像>
20210217infeejohn2 520x426 - インフュージョン/在庫管理システムに新機能を2月18日から追加

倉庫業務において出荷ミスが起きた場合、再発防止の取り組みが大切。過去にミスのあったアイテムに対し、作業者へ注意点を伝えたいというニーズがある。しかし、実現するには受注の際、オペレーターが注意点を入力しなければならず、負担増や入力モレの心配があった。

「在庫スイートクラウド」は、2月18日より注意メッセージを自動通知する新機能をリリースする。あらかじめ、アイテムごとに設定しておくことで、ピッキングリストなどの作業指示書に注意メッセージが印字される。また、ハンディターミナルやスマートフォンの画面にも入出荷の際に表示されるため、ペーパーレス作業にも対応する。

「在庫スイートクラウド」では自動化を進め、次世代の在庫管理を目指す。

■在庫スイートクラウド費用
初期:30万円(税抜)
月額:3万5000円(税抜)
※Proエディション、10名コース、PC利用のみの場合

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集