日通/中国発ベトナム向けクロスボーダー鉄道輸送サービス開始

2021年02月26日 

日本通運は2月26日、同社の東アジアブロックが、中国とベトナムを結ぶ国際鉄道を利用した中国・蘇州発ベトナム・ハノイ向けクロスボーダー鉄道輸送サービスを2月24日から開始したと発表した。

<ルート図>
20210226nittsu 520x386 - 日通/中国発ベトナム向けクロスボーダー鉄道輸送サービス開始

<経由駅となる「南寧南駅」>
20210226nittsu1 - 日通/中国発ベトナム向けクロスボーダー鉄道輸送サービス開始

新サービスは、中国から東南アジア向けの海上輸送が逼迫していることを受け、安定したリードタイムで提供できる輸送ルートを確保するため開発した。

多くの企業が集積する華東エリアに位置する蘇州西駅を発駅とし、南寧南駅を経由して、イェンビエン駅(ハノイ)に到着。8~10日と安定したリードタイムを提供可能で、海上輸送やトラック輸送が混雑している際のBCP対策として利用できる。

今後は、ベトナム発中国向けの鉄道輸送サービスの開発を進めるほか、鉄道とその他の輸送モードを組み合わせた輸送サービスについても検討していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集