IHI、三井不動産/神奈川県綾瀬市で5.9万m2物流施設を着工

2021年03月17日 

IHIは3月16日、三井不動産と共同で神奈川県綾瀬市に建設するマルチテナント型物流施設「MFLP東名綾瀬」を着工した。

<MFLP東名綾瀬完成イメージ>
20210317ihi 520x296 - IHI、三井不動産/神奈川県綾瀬市で5.9万m2物流施設を着工

<近景>
20210317ihi2 520x389 - IHI、三井不動産/神奈川県綾瀬市で5.9万m2物流施設を着工

<位置図>
20210317ihi1 520x352 - IHI、三井不動産/神奈川県綾瀬市で5.9万m2物流施設を着工

新施設は地上4階建て延床面積5万8700m2で、2022年6月に竣工予定。IHIグループの技術教習所跡地を活用し、IHIと三井不動産で施設を共同開発する。

建設地は3月31日開通予定の東名高速道路「綾瀬スマートIC」に隣接しており、近郊・首都圏への配送に加え、西日本エリアへの配送にも対応可能な立地。

綾瀬市の新たな玄関口のランドマークとして周辺への圧迫感を軽減し、従来の物流施設のイメージを刷新する外観デザインを採用。屋上にはドクターヘリポートを整備し、緊急救命体制に貢献するなど地域貢献を果たす。

■MFLP東名綾瀬の概要
建設地:神奈川県綾瀬市小園字下原720-1他
敷地面積:2万7000m2
延床面積:5万8700m2
規模:地上4階建
着工:3月16日
竣工:2022年6月(予定)
設計・施工:錢高組
デザイン監修:Jackson Teece
アクセス:東名高速道路「綾瀬スマートIC」下り線出入口(3月31日開通)至近
「海老名駅」からバスで15分、「東名綾瀬」停留所から徒歩1分、東名高速道路「東名綾瀬」停留所から徒歩5分

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集