成田国際空港/「CEIV Pharma パートナーエアポート」に認定

2021年03月18日 

成田国際空港は3月17日、当空港で国際航空輸送に携わる事業者とともにコミュニティ(「成田空港コミュニティ」)を結成し、「CEIV Pharma」の認証取得を目指していたが、このほど、コミュニティ参加企業の認証取得が完了したと発表した。

<CEIV Pharma認証マーク>
20210318narita1 - 成田国際空港/「CEIV Pharma パートナーエアポート」に認定

これにより、成田国際空港は、IATA(International Air Transport Association;国際航空運送協会)から、医薬品輸送品質認証「CEIV Pharma パートナーエアポート」として認定された。

同空港は、「CEIV Pharma パートナーエアポート」としての認定を受けることによって、世界基準をクリアした高品質の医薬品サプライチェーンを提供できる空港として認められることとなる。

同空港では、港を含む全国の医薬品貿易額の半分以上を取り扱っており(2019年実績)、医薬品輸送の重要性が世界中で高まる中、医薬品の安全な輸送に貢献するとともに、同空港の航空物流拠点化を促進するとしている。

<成田空港コミュニティ 「CEIV Pharma」認証取得企業>
20210318narita2 520x365 - 成田国際空港/「CEIV Pharma パートナーエアポート」に認定

■成田空港コミュニティ 「CEIV Pharma」認証取得企業
航空会社
 全日本空輸
(2017年10月に独自で認証取得済み)
 日本貨物航空
貨物ハンドリング会社
 国際空港上屋
フォワーダー
 日本通運
 阪急阪神エクスプレス
 日立物流バンテックフォワーディング
 郵船ロジスティクス
陸運事業者
 大隅物流

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集