商船三井/ノルウェーのLS社に出資、液化CO2海上輸送事業に参画

2021年03月19日 

商船三井は3月19日、液化CO2船の船舶管理を行う、ノルウェーのラルビック・シッピング(LS)に出資し、液化CO2海上輸送事業に参画すると発表した。

商船三井では「CCUS(Carbon dioxide Capture Utilisation and Storage)」が普及し、液化CO2海上輸送事業がこれからの増加を見込めることから参画を決めたもの。

「CCUS」はCO2を回収・貯留したり、有効に利用する技術。低炭素社会を実現する手法の1つとして注目されている。国際エネルギー機関(IEA)のレポートによると、2070年までの累計CO2削減量の15%をCCUSが担い、カーボンニュートラル達成時には年間で約69億トンの削減貢献が期待されているという。

「CCUS」の活用で、液化CO2海上輸送は、回収地と貯留地、回収地と有効利用地を効率的に結ぶ手段の1つとして重要な役割を担う。この分野で、LS社は、欧州で就航する産業向け液化CO2専用船を30年以上にわたって管理し、液化CO2の安全輸送と荷役ノウハウを持つ。

今回、商船三井はLS社に出資することで、自社が培ってきた安全運航の知見と技術力をLS社のノウハウや実績と合わせて、液化CO2海上輸送事業を進める。同時に、船型大型化の検討も行い、CCUS事業のバリューチェーンで上流・下流での事業拡大を目指す。

■ラルビック・シッピング(Larvik Shipping AS)
設立:1988年
代表者:John Espen Tollevik
所在地:ノルウェー、ラルビック(ノルウェー法人)
事業内容:液化CO2船、多目的貨物船、乾貨船の船舶管理業

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集