JILS/6月開講、第83期ロジスティクス基礎講座

2021年03月23日 

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)は6月15日、第83期ロジスティクス基礎講座を開講する。

同講座ではロジスティクスの概念を理解し、全体最適化に向けたマネジメントに必要となる基礎知識を学ぶことができる。

主に新入社員や新任担当者を対象とし、ロジスティクスの概要からオペレーションの各機能、さらには物流改善、在庫管理や物流コストまで、ロジスティクスの基本を体系的かつ効率的に学ぶカリキュラムとなっている。

なお、2021年度は第83期(6月開講)と第84期(11月開講)の2回の開催を予定しており、いずれもZoomを用いたオンライン開催となる。

【2020年度受講者の声】
「全体として理解しやすく、会社のメンバーへも知識の共有ができる内容でした」(製造業・サプライチェーン関連部署所属)

「物流の役割の重要性や、業務内容の幅広さを改めて学ぶことができ、自身が今後、物流業務を構築する立場になった際にとても役に立つ情報が多くありました」(物流子会社・物流関連部署所属)

「講義の内容を踏まえ、自社の課題への解決策や自社のあるべき姿を考えるなどして、積極的に色々な提案をしていける人材になりたいと思いました」(流通業・営業関連部署所属)

「現場で実際に何が起こっているのか、課題となりうることは何かを予測したり、業務改善の提案に盛り込んだりするための知識を身につけることができました」(その他企業・人事関連部署所属)

■第83期ロジスティクス基礎講座 開催概要■
会期:6月15~16日、22~23日、7月6~7日(計6日間)
開催方式:Zoomによるオンライン開催
受講対象:ロジスティクスに関わる部門の新入社員、新任担当者(物流・調達・生産・営業部門等)、ロジスティクスの基礎について改めて学習を志す方など
受講料:JILS会員88,000円(税込/1名)、JILS会員外104,500円(税込/1名)

■詳細・申込
https://www1.logistics.or.jp/education/kiso.html

■問い合わせ
日本ロジスティクスシステム協会(JILS)
JILS総合研究所(担当:織田)
E-mail:education@logistics.or.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集