東洋埠頭/大阪支店に危険品立体自動倉庫を増設

2021年03月26日 
関連キーワード:

東洋埠頭は3月26日、大阪市此花区の大阪支店構内に危険品倉庫を増設すると発表した。

<完成予想図>
20210326toyo 520x281 - 東洋埠頭/大阪支店に危険品立体自動倉庫を増設

新倉庫は、危険物等の保管需要増加に対応して建設する。作業と保管の効率を高めるため立体自動倉庫とし、保管能力は3312パレットを確保。11月の稼働開始を予定している。

新倉庫を建設する大阪支店は、大阪港の北港桜島地区で阪神高速道路にも至近。普通倉庫のほか、消防法の4類・5類の危険物等に対応した倉庫6棟、タンク12基を保有しており、一部の倉庫は危険物等の定温保管にも対応している。

■新倉庫の概要
建設地:大阪市此花区梅町2-4-72(大阪支店)
用途:危険物立体自動倉庫(消防法4類対応)
延床面積:1089.59m2(規制用途部分998.44m2)
仕様:制振構造、高潮対策、非常用電源装置、防爆型スタッカークレーン4基、入出庫コンベア8基
保管能力:3312パレット(ドラム換算で1万3248ドラム)
稼働時期:2021年11月(予定)
※危険物一般取扱所(300m2)併設

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集