ブリヂストンサイクル/6月に加須市の騎西工場を閉鎖、生産集約

2021年03月29日 

ブリヂストンサイクルは3月29日、埼玉県加須市の「騎西工場」を6月で生産活動を停止し閉鎖すると発表した。

同工場の生産機能は中国江蘇省の「中国工場」と埼玉県上尾市の「上尾工場」に移管する。跡地利用については協議中だ。

騎西工場の年間生産台数は2020年で約22万台。従業員数は、2月末時点で169名で、同社では、他の事業所などに従業員の再配置を行うことで雇用を確保する予定。また、工場閉鎖に伴う周辺地域への影響は最小限になるように十分な検討を行い対応していくとしている。

ブリヂストンサイクルの親会社のブリヂストンでは、コア事業での経費・構造改革とプレミアムビジネス戦略の推進を打ち出しており、「稼ぐ力の再構築」をスローガンに成長事業などへの投資を進めている。これを受け、自転車事業で競争力の強化と将来の社会・顧客価値の提供を検討した結果、今回、騎西工場の閉鎖を決めたという。

ブリヂストンサイクルでは、生産工場を中国と国内の上尾工場に集約することで、生産性向上と競争力の強化につなげる。また、今後の自転車の需要に対応できる生産量と、顧客に対し従来と変わらない高品質な商品とサービスを提供していくとしている。

■ブリヂストンサイクル騎西工場
住所:埼玉県加須市戸崎310
年間生産台数:約22万台(2020年)
従業員数:169名(2021年2月時点)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集