近鉄エクスプレス/国内物流子会社2社を合併

2021年04月01日 
関連キーワード:

近鉄エクスプレスは4月1日、連結子会社の近鉄ロジスティクス・システムズと近鉄トランステックを6月1日付で合併すると発表した。

合併によって経営の効率化を図るとともに、国内で物流事業を展開する両社のサービスを一体化し、多様化するビジネス環境に迅速かつ的確に対応することで、さらなるサービスの向上を目指す。

合併は、近鉄ロジスティクス・システムズを存続会社、近鉄トランステックを消滅会社とする吸収合併方式。合併後も存続会社の近鉄ロジスティクス・システムズについては、商号、所在地、代表者、事業内容、資本金、決算期に変更はない。

■合併会社の概要(2021年3月31日現在)
「近鉄ロジスティクス・システムズ」(存続会社)
所在地:東京都品川区八潮3-2-31
事業内容:貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業他
資本金:3億5000万円
決算期:3月31日
株主(持株比率):近鉄エクスプレス(100%)

「近鉄トランステック」(消滅会社)
所在地:東京都墨田区錦糸1-2-1 アルカセントラルビル13階
事業内容:貨物自動車運送事業、とび・土工工事業、機械器具設置工事業他
資本金:8200万円
決算期:3月31日
株主(持株比率):近鉄エクスプレス(51%)、近鉄ロジスティクス・システムズ(49%)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集