近鉄エクスプレス/3月期の売上高11.9%増、営業利益73.4%増

2021年05月12日 
関連キーワード:

近鉄エクスプレスが5月12日に発表した2021年3月期決算によると、売上高6091億1000万円(前年同期比11.9%増)、営業利益341億7700万円(73.4%増)、経常利益345億2900万円(98.1%増)、親会社に帰属する当期純利益216億4400万円(358.2%増)となった。

各セグメントの業績は、日本が売上高1506億8000万円(10.1%増)、営業利益82億2900万円(76.3%増)。

米州が売上高593億2300万円(0.9%増)、営業利益51億3600万円(36.8%増)。

欧州・中近東・アフリカが売上高380億9700万円(7.6%増)、営業利益13億3500万円(315.9%増)。

東アジア・オセアニアが売上高1329億7200万円(41.5%増)、営業利益111億3400万円(117.2%増)。

東南アジアが売上高934億4900万円(70.6%増)、営業利益80億1300万円(248.0%増)。

APLLが売上高1481億800万円(16.4%減)、営業利益56億2100万円(38.4%減)となった。

次期は、売上高6300億円(3.4%増)、営業利益317億円(7.2%減)、経常利益307億円(11.1%減)、親会社に帰属する当期純利益192億円(11.3%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集