環境省/東京港青海ふ頭でヒアリ150匹確認

2021年05月25日 

環境省は5月25日、東京港青海ふ頭内でヒアリが確認されたと発表した。

<確認されたヒアリ>
20210525hiari 520x374 - 環境省/東京港青海ふ頭でヒアリ150匹確認

<発見場所>
20210525hiari1 520x337 - 環境省/東京港青海ふ頭でヒアリ150匹確認

環境省が5月20日に青海ふ頭で実施した調査で、コンテナヤードの舗装面にヒアリと疑わしいアリ約150個体および舗装の継ぎ目への出入りが確認され、専門家による同定の結果、ヒアリであることが確認された。

今回確認されたヒアリは約150匹で、全個体が働きアリだった。2017年6月の国内初確認以降、ヒアリの確認事例は16都道府県、計65事例目。

環境省では、引き続き発見場所で目視やトラップによる調査及び防除を東京都等と協力して実施していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集