小丸交通財団/日本語作文スピーチコンテストをリモート開催

2021年05月25日 

小丸交通財団は5月22日、福山通運本社で広島大学、上海外国語大学と共催し、第7回日本語作文スピーチコンテストを開催した。

20210525komaru 1 520x257 - 小丸交通財団/日本語作文スピーチコンテストをリモート開催

今回のコンテストはコロナ禍での開催となったことから、各会場で感染防止対策を行った上でリモートでの開催となった。

コンテストには日中の文化交流や日本語教育、交通安全意識の向上を図る機運から、7大学65名が応募。

事前審査による優秀者7名が「交通」をテーマにスピーチを行い、最優秀賞には「交通違反の取り締まりを受けたことをきっかけに、安全安心な交通環境を得るためにルールを守ることの大切さ」についてスピーチした上海外国語大学の董楽さんが選ばれた。

小丸交通財団は、交通安全思想の普及啓発活動を目的として2013年9月に創立。日本では小学校での交通安全教室の開催や、交通事故防止のチラシを配布するなどの街頭活動を行っているほか、海外では日本語の学習成果を発表する機会の提供や日本との文化交流等を目的として日本語作文スピーチコンテストを行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集