三菱地所/物流事業拡大中、埼玉県春日部市で4万m2施設竣工

2021年06月01日 

三菱地所は5月31日、埼玉県春日部市でマルチテナント型物流施設「ロジクロス春日部」を竣工した。

<ロジクロス春日部>
20210601mitsubishi 520x346 - 三菱地所/物流事業拡大中、埼玉県春日部市で4万m2施設竣工

同施設は、国道新4号バイパスと東京外環自動車道による東京方面、春日部野田バイパス(国道16号線)によるさいたま市や柏市方面へのアクセスが可能。東北自動車道によって首都圏内陸部から東北エリアまでの広域配送にも対応できる。また、周辺のさいたま市や川口市などから雇用の確保も見込め、物流利便性と雇用確保の双方に適した立地となっている。

建屋はボックス型でありながら多様な面積ニーズに対応できるよう、縦・横・あらゆる貸付に備え、上層階に屋外廊下を設けることでテナントの導線を確保。最小区画9900m2から最大3テナントが入居可能で、現在3分の1の区画でテナントが決定済み。残りの1万1550m2と1万4850m2の区画ではテナント募集とともに随時内覧も受け付けている。

倉庫部分の仕様は、床荷重が1.5トン/m2、梁下天井高が5.5m(一部低天井あり)、柱スパンが10.5m×10m(柱芯間)。垂直搬送機とドックレベラーは既設に加え、追加工事を行うことで各区画ごとに1機ずつ増設が可能となっている。

<休憩室>
20210601mitsubishi1 520x346 - 三菱地所/物流事業拡大中、埼玉県春日部市で4万m2施設竣工

<エントランス>
20210601mitsubishi2 520x346 - 三菱地所/物流事業拡大中、埼玉県春日部市で4万m2施設竣工

また、同施設では、グループ会社のメック・デザイン・インターナショナルと初の共同開発を行い、木を基調としたナチュラルモダンな空間を演出。インテリアデザインのトータルコーディネートによるデザイン性の高い家具・イ ンテリアを配置し、施設利用者にとって快適な空間を提供した。

そのほか、環境への配慮として、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン」に基づく第三者認証制度「BELS」を取得している。

<ロジクロス蓮田>
20210601mitsubishi3 520x346 - 三菱地所/物流事業拡大中、埼玉県春日部市で4万m2施設竣工

三菱地所は、物流事業へのニーズが高まる中、多様化する物流の形に対応すべく施設開発を推進し、事業規模を拡大している。

「ロジクロス春日部」のほか、3月末には埼玉県蓮田市で「ロジクロス蓮田」を竣工。また、5月31日には大阪府茨木市で阪急阪神不動産との共同開発による「ロジスタ・ロジクロス茨木彩都」を竣工しており、竣工済物流施設の累計を18棟に積み増した。

今後は12月に竣工予定の「ロジクロス船橋」をはじめ、「ロジクロス座間小松原」や「ロジクロス座間」など、2022年以降も順次、大型物流施設の竣工を予定している。

■施設概要
「ロジクロス春日部」
所在地:埼玉県春日部市永沼字中道699-3
アクセス:春日部野田バイパス「庄和IC」1.7km
東北自動車道「岩槻IC」11km
東京外環自動車道「草加IC」15km
東武鉄道東武野田線「藤の牛島駅」徒歩20分
朝日バス「イオンモール春日部前停留所」徒歩16分
敷地面積:1万9093.11m2
延床面積:3万9300.40m2
構造:S造、地上4階
用途:マルチテナント型物流施設
竣工:2021年5月31日

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集