フジテックス/3PL企業の「省人化・ロボティクス化」支援

2021年06月08日 

フジテックスは6月8日、3PL企業などの物流会社向けに、省人化・ロボティクス化に対応した「営業支援サービス」を開始した。

<サービスフロー図>
20210608fujitec 520x322 - フジテックス/3PL企業の「省人化・ロボティクス化」支援

荷主企業が新たに物流を委託する企業を選定する際に、ロボットによる物流オペレーションの自動化・省人化を前提とし、コンペ形式とするケースが増加している。しかし、荷主の出荷形態や季節波動など、様々な要因によってロボットの導入が最適でない場合もある。

フジテックスは、これまで物流会社へのロボット導入による自動化・省人化の支援実績を通して、運用面、リスク管理などのノウハウを持っている。この実績に基づき、物流会社がロボティクスによる自動化・省人化の実現性可否から、コンペに必要な営業支援をするサービスを開始したもの。

営業支援サービス内容は「ロボティクス化に必要な物流データの分析・見方」「精度の高いシミュレーション」「最適な機器の選定と設計」「サービスモデルの設計・構築」「オペレーションモデルの設計・構築」「荷主への営業同行」「提案書の作成」「BCP対策」「社内営業向け勉強会」としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集