LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ジャロック/リチウム電池式水平搬送機6月14日発売

2021年06月14日/IT・機器

ジャロックは6月14日、電気自動車(EV)世界大手である比亜迪(BYD)の日本法人 BYD FORKLIFT JAPANと販売店契約を締結して、リチウムイオン電池搭載により温室効果ガス(CO2)排出量ゼロを実現した2トン積載電動ハンドパレットトラック「BYDローリフト」の販売を開始した。

<BYDローリフト(品番:P20PS)>
20210614jaroc 520x311 - ジャロック/リチウム電池式水平搬送機6月14日発売

「BYDローリフト」はリチウムイオン電池のみで駆動するため、化石燃料を使わない。サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量ゼロを求められている物流センターの目標達成に貢献できる。

「BYDローリフト」に搭載されるリチウムイオン電池の製造元である比亜迪(BYD)は、1995年に中国の深センで電池メーカーとして創業した後に自社電池を搭載した電気自動車(EV)の製造販売に進出、2020年には全世界で約43万台の新車販売台数を誇るグローバル企業。「BYDローリフト」には電気自動車(EV)で使用されているものと同じ電池が搭載されており、一般的な施設内電源(単相200V)で満充電まで3時間、平均8時間以上の稼働が見込める(稼働状況による)ため、1日中作業が可能。バッテリーメーカーならではの強みを活かして出荷時に5年または1万時間の駆動のバッテリー保証を付けて販売する。

電動フォークリフトの多くが搭載している鉛電池は発熱があり充電回数も1200回程度と短いのに対して、リチウムイオン電池は発熱も少なく充電回数4000回と長寿命のため、長期間運用してもバッテリー交換の必要はない。またリチウムイオン電池は継ぎ足し充電が可能なため、鉛電池で最も面倒な予備バッテリー交換作業が不要、補水作業も必要ない。

■「BYDローリフト」商品仕様(オープン価格)
最大荷重:2000kg
自重:650kg
   操縦方法乗車タイプ
車体全長:乗車部含む 2360mm
     乗車部省く 1890mm
車体全幅:725mm
乗車部幅:490mm
車体全高:ハンドル持上げ時 1445mm
    :ハンドル下し時  1050mm
走行速度:高 6km/h
    :低 3km/h
フォーク長:Lタイプ(標準) 1220mm
      Sタイプ    1150mm
フォーク外幅:Lタイプ(標準) 685mm
       Sタイプ    550mm
フォーク単体幅:180mm
フォーク厚:55mm
フォーク芯幅:550mm
フォーク最高位:120mm
フォーク最低位:85mm
最小旋回半径:1750mm
駆動:電動(リン酸鉄リチウムバッテリー)
電池容量:24/130V/Ah

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース