TRUST SMITH/自動運転技術を応用したAGVを開発

2021年06月16日 
関連キーワード:

東大発AIベンチャーのTRUST SMITHは6月15日、自動搬送ロボット(AGV)を開発したと発表した。

<開発したAGV>
20210616trust 520x289 - TRUST SMITH/自動運転技術を応用したAGVを開発

AGVには、自動運転の研究開発による物体認識技術や、アームロボットによる障害物回避アルゴリズムの技術を活用。

センサーから取得した情報を元に、AGVが自ら地図と目的地までの最適な経路を生成し、自律走行することが可能で、床の段差や障害物もセンサーで検知し自ら判断して避けることができる。

これまでの磁気誘導式やグリッド式のAGVで必要だった床への装飾が不要で、レイアウト変更に柔軟な対応が可能。ハード・ソフトともに、ユースケースに合わせて設計から全てオーダーメイドで開発することができる。

今回開発したAGVはリフト式だが、今後は牽引タイプやコンベアタイプなどあらゆる機体の開発に着手するとともに、AGVの群制御も研究開発によって完成させるとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集