ドリーム・アーツ/太平洋セメントのワークスタイル変革を推進

2021年06月24日 

ドリーム・アーツは6月17日、太平洋セメントが、大企業の働き方を変えるビジネスコックピット「InsuiteX(インスイートエックス)」および大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(スマートデービー)」を導入したと発表した。

<「InsuiteX」および「SmartDB」による業務デジタル化のイメージ>
20210624dream 520x302 - ドリーム・アーツ/太平洋セメントのワークスタイル変革を推進

太平洋セメントはワークスタイルの変革を図るため2020年12月に「InsuiteX」および「SmartDB」を導入し、旧システム(Notes/Domino)からの移行を推進中。プロジェクト体制を組み、まずは全社共通で利用する掲示板や文書管理のデジタル化から着手している。

2000件ものデータベースについては単純な移行ではなく、現在の利用状況を確認しながら業務を整理し、統合・断捨離しつつ、柔軟なアクセス権の管理が可能になるよう将来を見据えたデータの形に整備を進めている。

また、いつ・どこでもスマートなコミュニケーションが図れるように、それぞれの利用環境に合ったデバイスでの表示を可能にしたり、表示する情報をユーザーがカスタマイズしたりできるようにすることで、情報共有のボトルネックを解消。「個人やグループの情報が最適化され業務に集中できる」環境を整備し、組織パフォーマンスの向上を実現している。

現在、「InsuiteX」および「SmartDB」によるシステムは太平洋セメントの約3000名が利用しており、今後はさらなるシナジー効果を求めグループ会社にも展開する予定。

太平洋セメント担当者のコメントや「SmartDB」の詳細はこちら

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集