アマゾン/1都3県の配送網増強、5か所に配送拠点

2021年07月12日 

アマゾンは7月12日、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県内の計5か所にデリバリーステーションを開設すると発表した。

アマゾンはこれら配送拠点の開設に伴い、ラストマイルの配達を担う数百人規模の「Amazon Flex ドライバー」を募集する。既存の配送網に新たな拠点とドライバーを増やすことで配送体制をより堅固にし、地域の顧客により確実で着実に商品を届けることを目指す。

デリバリーステーションは、注文のあった商品を全国の物流施設などから集約し、周辺エリアの顧客の玄関先を目指す「ラストマイルデリバリー」の出発点となる。5か所の拠点開設に伴い、日本国内のデリバリーステーションは約30拠点となる。

2021年に開設する5つの拠点は、「東京町田デリバリーステーション(東京都)」が6月29日に稼働開始)。「国立府中デリバリーステーション(東京都)」が8月、「戸田デリバリーステーション(埼玉県)」が8月、「蓮田デリバリーステーション(埼玉県)」が9月、「船橋デリバリーステーション(千葉県)」10月開設の予定。

アマゾンジャパン アマゾンロジスティクスのアヴァニシュ ナライン シング ディレクターは、「顧客との距離を縮め、迅速かつ安全で信頼性の高い配送サービスを提供するための取り組みの一環として、東京、埼玉、千葉のエリアにて、新たに5か所のデリバリーステーションを開設する。また、「置き配」や「Amazon Hub ロッカー・カウンター」などの革新的な配送オプションを拡充し、地域で高まる顧客の要望に安全に応えていきたいと考えている。今回の開設により、何百人もの Amazon Flex ドライバー、その他の委託先配送業者に雇用機会を創出し、地域社会の発展に貢献していきたいと考えている」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集