Hacobu/7月28日、ドライバー不足時代の輸配送改革手法

2021年07月12日 
関連キーワード:

Hacobuは7月28日、無料のオンラインセミナー「ロジスティクスクラウドMOVOで実現するドライバー不足時代に向けた輸配送改革」を開催する。

物流業界のドライバー不足が深刻化する中、輸配送領域の生産性向上を目的としてデジタル化を推進する荷主・3PL/元請物流事業者が増加している。

従来、輸配送領域の改革では大規模なシステム導入が必要とされていたが、昨今ではクラウドサービスの導入によってデジタル化を推進し、生産性を向上させることが可能になってきた。

今回のセミナーでは、ロジスティクスクラウド「MOVO」のアプリケーションである配送案件管理サービス「MOVO Vista」を利用し、輸配送改革を実現する手法を提案する。

「配送手配業務を効率化したい」「配送運賃を可視化したい」「運賃請求処理業務を楽にしたい」といった方に向けた内容。

■開催概要
日時:7月28日(水)14:00~15:00
場所:オンライン
費用:無料
<対象>
・荷主企業の物流関連部署の方
・3PL/元請物流事業者で輸配送の管理に携わる方
・荷主、3PL企業にてDX推進に携わる方

■プログラム
・輸配送領域の生産性向上を支援する、配送案件管理サービス MOVO Vistaとは
・事例で解説する、データに基づいた輸配送の効率化施策の実行
・質疑応答

■講師
Hacobu ロジスティクスエキスパート
高橋 一貴

Hacobu プロダクト責任者
石川 葵

Hacobu 営業企画部
長田 智子

■詳細・申込
https://bit.ly/3dRBtKs

■問い合わせ
Hacobu(営業企画部 長田)
contact@movo.co.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集