三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

2021年07月15日 

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は7月15日、AI(人工知能)と機械学習を活用した次世代の配送計画ソフトウェアを開発するWise Systems Inc.と業務提携に関する契約を締結したと発表した。

<「ワイズ・システムズ」の画面>
20210715mftbc1 520x346 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

<スマホの操作画面>
20210715mftbc2 520x342 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

業務提携により、MFTBCはWise Systems社の日本国内のパートナーとして、同社開発の次世代配送計画システム「ワイズ・システムズ」の販売を、2021年第4四半期より開始する。

サービスを開始する「ワイズ・システムズ」は、FUSOブランド製のトラックに限らず、全てのブランドのあらゆる種類の車両で利用可能なラストワンマイル配送を最適化する配送計画システム。

MFTBCは2017年より車両や車両の運行状態をリアルタイムで管理するテレマティクス機能「Truckonnect(トラックコネクト)」の新型車両への搭載を進めており、現在全ての新型トラックへ搭載を完了している。米国のWise Systems社とMFTBCのコネクティビティデジタルサービス部門間での連携を通じて実現したMFTBCとして今回が初となる外部企業との業務提携により、車両自体を管理するのみではなく、物流・配送プロセスに関わる全ての人のニーズに迅速に対応するソリューションを提供する企業となる。

<「ワイズ・システムズ」がもたらすメリット>
20210715mftbc3 520x285 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

「ワイズ・システムズ」は、ラストワンマイル配送プロセスを効率化するクラウド及びスマートフォンベースのソフトウェア。同システムはAIと機械学習を駆使し、配送オーダー、荷物、ドライバーや車両、交通状況といった配送に関連するあらゆる情報を取り入れ、ルート計画アルゴリズムが配送ルートやトラック及びドライバーを選定し、最適な配送計画を自動作成する。作成した配送計画はドライバーの端末へ配信され、リアルタイムで配送状況の追跡や進捗が更新される。

配送担当者は日々のルート計画に要する時間を短縮できるほか、配送状況を可視化することで車両の稼働や配送状況をリアルタイムで把握できる。ドライバーはスマートフォンのアプリで、配送ルートの確認や荷物の配達完了通知を簡単に実行できる。また荷物を受け取るエンドカスタマーも、配送状況をリアルタイムで把握でき、到着予定時間も受取日にあらかじめ把握出来る。

「ワイズ・システムズ」の機能は、AIと機械学習によって車両オペレーションに関わるリアルタイムのデータを継続的に学習することで、稼働率、パフォーマンスおよび顧客サービスを継続的に改善し、その性能を高めていくことが特徴。

従来ベテランの配車担当者が長年の経験で行っていたルートの提案を、機械学習によって頻繁に利用するルートなどを学ぶことで、回数を重ねるごとに効率的な配送計画の提案を可能にする。同システムは、食品・飲料、宅配便、フィールドサービスや各種ビジネス向けのラストワンマイル配送に最適。

<MFTBCのピーター・ファイグラートラックアジアコネクティビィ デジタルサービス部長>
20210715mftbc4 520x371 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

MFTBCのピーター・ファイグラートラックアジアコネクティビィ デジタルサービス部長は「パーフェクトなデリバリーを目指し、Wise Systems社と業務提携を締結した。同社はすでに米国で実績を上げており、平均で走行距離を15%削減、稼働率を20%向上、配送遅延を最大で80%解消した実績がある」と述べた。

<Wise Systems社のチャズ・シムズ共同創設者兼CEO>
20210715mftbc5 520x344 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

また、Web参加したWise Systems社のチャズ・シムズ共同創設者兼CEOは「ダイナミックなオペレーションと、ドライバー、配車担当者、エンドカスタマー向けの直感的で高品質な機能を組み合わせることで、市場での優位性とクラスリードのラストワンマイル配送を提供できる。すでに米国20地域で展開しており、日本でも数年間カスタマイズに時間をかけた。我々は以前から物流データに対する強いパッションを持っていた。類似のソフトはあるが、我々の7年間のデータ分析と活用のアドバンテージは大きいと考えている」と自信を見せた。

<MFTBCの砥上健司トラックアジアコネクティビィ デジタルサービス部長>
20210715mftbc6 520x359 - 三菱ふそう/米企業と提携、次世代の配送計画システム提供へ

MFTBCの砥上健司トラックアジアコネクティビィ デジタルサービス部長は物流業界の現在の様々な課題を述べたのち、「これらを最先端テクノロジーで、解決していきたい。今回は、その中でも、ラストワンマイルに焦点を絞り、中小企業でも活用できるようにした。使えば使うほど精度を増すAIと機械学習により、ラストワンマイル配送プロセスを最適化していきたい。導入時の費用を100万円以下に抑え、ドライバー1人当たり月額5000円以下を目指している」と話した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集