鴻池運輸/約33億円投資、北海道に1.6万m2の自社新倉庫開設

2021年07月16日 

鴻池運輸は7月16日、サントリーの飲料製品や、その他企業の日用品などの保管・配送拠点で、流通加工場も完備する新倉庫「新千歳流通センター」を、北海道千歳市に開設したと発表した。

<新千歳流通センターの外観>
20210716konoike1 520x339 - 鴻池運輸/約33億円投資、北海道に1.6万m2の自社新倉庫開設

<倉庫内に設置したバース>
20210716konoike2 520x388 - 鴻池運輸/約33億円投資、北海道に1.6万m2の自社新倉庫開設

<倉庫内のカゴ車・パレット兼用搬送機>
20210716konoike3 520x387 - 鴻池運輸/約33億円投資、北海道に1.6万m2の自社新倉庫開設

新倉庫は、2020年7月16日に着工、2021年7月13日に稼働開始し、7月15日に竣工式を実施した。投資額は約33億円。

これまで同社が使用してきた北海道千歳市近郊の既存倉庫7か所(賃貸倉庫含む)では、慢性的な満床状態が続いていたため、これを解消するとともに、備蓄も可能な規模の倉庫の必要性が高まったことから、今回の新倉庫建設に至ったもの。

新倉庫は、車両から荷物を積み降ろすバースを倉庫内に設置したことで、特に積雪・降雪の影響が大きい冬季でも作業可能。また、ドライバーやフォークリフトオペレーターにとって厳寒の労働環境を改善した。

倉庫バース・事務所の屋根には、ヒーターを設置し、積雪を溶かして排水するため、雪下ろし作業が不要に。ギフト商品の包装やラベル貼りなどを行う流通加工の作業場は、空調管理された快適な環境を確保した。

効率面では、倉庫と地面の高さが同じ「低床式」で、1台のフォークリフトで車両からの荷物の積み降ろし~倉庫内搬送まで作業可とした。倉庫内バースで、車両・倉庫間の入出庫作業導線を短縮。また、繁忙を見込む夏季は庇下バースも最大限活用し、さらに倉庫内バースを保管場所として活用するなど、物流波動に応じた荷捌きが可能。

通常シャッターに加えシートシャッターを併設したことで、害虫の侵入や塵・風の吹き込みを抑制し作業効率アップを図った。さらに、既存倉庫7か所を1か所に集約することで、従来拠点間で発生していた輸送が不要となり、CO2排出量削減(16.5トン/年削減予想)、輸送効率化によるドライバーの拘束時間削減(新千歳流通センター全ドライバーの年間削減予想時間合計:3,400 時間)などの効果も見込んでいる。

<竣工式での鴻池社長のあいさつ>
20210716konoike4 520x311 - 鴻池運輸/約33億円投資、北海道に1.6万m2の自社新倉庫開設

鴻池運輸の鴻池 忠彦社長は「今回の新センター建設は、既存センターの庫腹不足や老朽化への対応はもちろんだが、BCP体制が担保された常設センターの必要性があること、有事での出荷能力確保により顧客の商品供給を止めないことを理由として決断した。コロナ禍もいまだ収束せず、自然災害も増加する中、社会の基盤、ライフラインとしての物流の重要性が改めて見直されており、当社は社会の公器としてその務めを果たしていく。また今後、新技術によるDXの加速が物流の在り方も大きく変えていく中で、顧客や社会が求める本質をしっかりと理解し、形にしていきたいと考えている」とコメントしている。

■概要
名称:新千歳流通センター
延床面積:1万6560m2(事務所除く)
規模:鉄骨造り2階建倉庫
特徴:低床式
   倉庫内バース5台、庇長13m使用バース3台、庇長3m使用バース3台
   倉庫バース・事務所の屋根に積雪を溶かすヒーターを設置
   倉庫内バース入退場時の安全装置を設置
   防風・防水・防塵・防虫・温度維持に効果の高いシャッターの二重構造:(通常シャッター、シートシャッター)
   空調管理された流通加工場の完備
   垂直搬送機:パレット専用2基、カゴ車・パレット兼用1基
稼働開始日:2021年7月13日
所在地:北海道千歳市北信濃863-2

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集