TDBC/車両動態管理プラットフォームの参加企業募集

2021年07月19日 

運輸デジタルビジネス協議会(TDBC)は、荷積みから着荷までの物流車両の位置や各種ステータスを関連各社(発荷主・物流事業者・着荷主および関連するステークホルダー)で把握・共有し、サプライチェーン全体の物流効率を改善する「車両動態管理プラットフォーム」を開発した。

TDBCは、業界の共通課題を解決する方法として経済産業省が2018年に発表したDXレポートの提言に賛同し、運輸業界の協調領域で共通プラットフォームによる「割り勘効果」を業界各社に提供するため、非営利団体の中立運営による「業界共通プラットフォーム」の実現に向けた取り組みを推進している。

「車両動態管理プラットフォーム」の開発はその第1弾で、協議会会員によるワーキンググループの3年越しの研究を経て実現した。

<「TDBC動態管理プラットフォーム」概要図>
20210719tdbc 520x293 - TDBC/車両動態管理プラットフォームの参加企業募集

同プラットフォームを活用することで、ドライバーの作業量や荷待ち時間の削減、荷受け準備作業の効率化、荷主からの問合せへの迅速な対応、アナログな状況把握手順の改善、災害時の状況把握など、サプライチェーンのさまざまな場面で全体最適化が期待できる。

また、現在ではいくつかの実証実験とその参加者からのフィードバックを経て、車両のステータス情報の取得や、外部情報サービスからのデータ受け取り、他サービスへのデータ提供が可能になっている。

<TDBC動態管理プラットフォームの連携可能情報一覧(2021年7月時点)>
20210719tdbc1 520x292 - TDBC/車両動態管理プラットフォームの参加企業募集

TDBCは、運輸事業者、荷主企業、動態管理サービス提供者、情報サービス提供者などとともに、同プラットフォームの社会実装に向けた活動を続けており、同プラットフォームへの参加企業や意見を募集している。

■TDBC動態管理プラットフォームの詳細(参加、意見)はこちら
https://unyu.jp/warikan/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集