楽天、ホンダ/自動配送ロボット共同開発、筑波で走行実証

2021年07月19日 

楽天グループは7月19日、本田技術研究所(Honda)と共同で、筑波大学構内および一部公道における自動配送ロボットの走行実証実験を開始した。

<実験で使用する自動配送ロボット>
20210719rakuten 520x389 - 楽天、ホンダ/自動配送ロボット共同開発、筑波で走行実証

20210719rakuten1 520x478 - 楽天、ホンダ/自動配送ロボット共同開発、筑波で走行実証

実証実験は7月19日~8月31日まで実施。Hondaと共同開発した自動配送ロボット(ホンダが開発した自動配送機能を持つ車台に、楽天が開発した商品配送用ボックスを搭載)が、筑波大学構内の宿舎周辺と一部公道を含む約500mを自動走行する。

走行中は、楽天モバイルの通信回線(LTE)を使用し、宿舎周辺から最大約650m離れた地点から自動配送ロボットの遠隔監視する。

両社はこの実証実験を踏まえ、自動配送ロボットを活用した定常的な商品配送サービスの提供を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集