成田国際空港は7月29日、「成田空港コミュニティ」に新たに参加企業6社を加え、医薬品航空輸送品質認証制度「CEIV Pharma」の第2弾となる認証取得アプローチを開始すると発表した。

<成田空港コミュニティの参画企業>
20210729narita 520x302 - 佐川、西濃など6社/成田空港医薬品輸送コミュニティに参画

成田国際空港は、IATA(International Air Transport Association:国際航空運送協会)から、医薬品の国際航空輸送において世界最高水準の品質を提供できる空港として、「CEIV Pharma パートナーエアポート」の認定を受けており、航空輸送から陸上輸送まで一貫した輸送品質認証を受けた、日本で唯一のCEIV Pharma認証コミュニティを運営している。

今回、佐川急便、西濃運輸、伊藤忠ロジスティクス、近鉄エクスプレス、三井倉庫エクスプレス、三菱倉庫の6社が新たにコミュニティへと加入し、2022年度中のCEIV Pharma認証取得を目指す。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集