三井倉庫HD/極低温管理製品向けの保管・輸送一貫サービスを開始

2021年07月29日 

三井倉庫ホールディングスは7月29日、再生医療領域に於いて、「GCTP に準拠した高品質な極低温管理の保管・輸送ワンパッケージサービス」の提供を8月から開始すると発表した。

2019年1月より同社では、三井倉庫が運営する神戸市須磨区の関西P&Mセンターに於いて、iPS細胞を含む臨床研究検体等を取扱う先端医療分野の研究機関向けに「GMPに準拠した高品質な極低温保管輸送ワンパッケージサービス」の提供を開始している。

そして2020年9月には、このサービスで培ったノウハウ・実績を活用し、グローバルな大手製薬企業と「再生医療等製品」の国内物流に関する基本契約を締結するに至ったもの。

これに伴い同社は、自社保有の東京都江東区の高機能施設に専用のスペースを確保し、GCTPに準拠した体制をこれまで整備してきた。体制の整備は「極低温での保管管理に必要となる液体窒素タンク等設備の設置」「保管から輸配送までシームレスな温度管理トレーサビリティーの実現」「保管から輸配送までの各作業工程にて製品個体を確認する検品システムの導入」「品質管理を担保する人員(製造管理者/品質部門責任者/製造部門責任者)の配置」などだ。

また2021年1月には、体制整備の推進に加え、海外工場で製造し輸入される再生医療等製品を取扱うために必要となる「再生医療等製品製造業許可」について、東京都では物流事業者として初めてとなる業許可(包装・表示・保管区分)を取得している。

三井倉庫グループは、今後も医療分野の様々な領域に対して、顧客ニーズに合った最適なサプライチェーンマネジメントを実現するために不可欠となる拠点の開設に積極的に取り組むとともに、厳密な品質管理要求にも適合する高度な管理体制の継続的な整備を通し、顧客の事業拡大に貢献するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集