国交省/本省職員2名が新型コロナ感染、73、74例目

2021年08月02日 

国土交通省は8月2日、本省職員2名が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

73例目となる職員は、7月30日に発熱(38℃台)、頭痛、喉の痛み、咳、倦怠感の症状が出たため医療機関を受診しPCR検査を受検したところ、7月31日に感染が確認された。

なお、最終出勤日は7月29日であり、それ以降は出勤していない。

■概要
年代:20代
性別:男性
居住地:東京都
所属:大臣官房
勤務場所:中央合同庁舎3号館

74例目となる職員は7月27日に家族の感染が確認され濃厚接触者に特定されたため、医療機関を受診しPCR検査を受検したところ陰性だったが、7月31日に微熱(36℃台)、倦怠感、関節痛、喉の痛みの症状が出たため再度医療機関を受診しPCR検査を受検したところ、8月1日に感染が確認された。

なお、最終出勤日は7月21日であり、それ以降は出勤していない。

■概要
年代:30代
性別:女性
居住地:東京都
所属:総合政策局
勤務場所:中央合同庁舎2号館

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集