日本GLP/茨城県常総市で6.1万m2物流施設竣工、SMCが全棟利用

2021年08月05日 

日本GLPは8月5日、茨城県常総市で延床面積6万1000m2の先進的物流施設「GLP常総」が竣工したと発表した。

<GLP常総>
20210805glp 520x354 - 日本GLP/茨城県常総市で6.1万m2物流施設竣工、SMCが全棟利用

GLP常総は、都心から40km、約1時間圏内に位置し、常磐自動車道「谷和原IC」から4.5kmの立地。周辺にはメーカーの工場が多く、その荷物を扱う物流企業やアパレル関連企業などのニーズが旺盛で、主に保管効率を重視した先進的物流施設へのニーズが高いエリアとなっている。

着工直後に空気圧制御システムなど自動制御機器の総合メーカーであるSMCと1棟全体の賃貸借契約を締結しており、今後はSMCが関東全域をカバーする配送拠点として利用する予定だ。

施設面では、1階の天井高を標準よりも1m高い6.5mとし、保管効率を向上。また、 トラックバースに出幅5.5mの庇を設置し、雨天時にも作業しやすい環境を確保している。

庫内には、大型シーリングファンや3階に眺望の良いカフェテリアを設置。自動車通勤の多いエリアであることを考慮して、想定就労人数を100%カバーする200台超の通勤者向け駐車場も整備し、働く環境の快適性を高めている。

<築山>
20210805glp1 520x353 - 日本GLP/茨城県常総市で6.1万m2物流施設竣工、SMCが全棟利用

敷地内には、建設工事で発生した残土(建設発生土)を再利用して築山を整備。これにより、働く人々に憩いの場を提供するとともに、残土運搬によるCO2排出の削減を図った。

このほか、GLP常総では高断熱化とエネルギーの高効率化によって大幅な省エネを実現。太陽光発電の自家消費によって年間に消費する非自然由来のエネルギー消費量を大幅に削減し、Nearly ZEB認証の取得を予定している。

また、建設地周辺は洪水や地震などの災害リスクが低いエリアと想定されているが、GLP常総では非常用発電機によるバックアップ電源の確保や防災センターでの24時間有人警備など、万全のBCP対策を採用している。

日本GLPの帖佐 義之社長は、「『GLP常総』は関東全域へのエリア配送、そして東日本への広域配送拠点としても優れた立地にあり、利便性の高い立地やニーズを最適化した仕様・設備が評価され、竣工前の段階でSMCに専用施設として入居を決定してもらった。日本GLPはSMCの物流オペレーションの最適化をサポートし、業容拡大の一助となる施設を提供するとともに、 環境に配慮した物流施設の開発・運営を通じて、地域との共生および持続可能な社会の実現を目指していく」とコメントしている。

■「GLP常総」概要
所在地:茨城県常総市内守谷町
敷地面積:4万1836.06m2
延床面積:6万1502.66m2
構造:地上3階建て、耐震・鉄骨造
着工:2020年5月
竣工:2021年7月
認証取得:CASBEE(新築)認証、Nearly ZEB認証

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集