福山通運/交通安全教本「育て学ぼう 安全のこころ」を寄贈

2021年08月25日 
関連キーワード:

福山通運と小丸交通財団は8月25日、岡山県の笠岡市役所にて笠岡市内小学校14校の新1年生及び笠岡市教育委員会へ交通安全教本「育て学ぼう 安全のこころ」を 350冊寄贈したと発表した。

<感謝状授与の様子>
20210825fukutsu1 520x344 - 福山通運/交通安全教本「育て学ぼう 安全のこころ」を寄贈

<左から笠岡市の松浦 良彦副市長、 笠岡市の小林 嘉文市長、福山通運小丸 成洋社長、笠岡市教育委員会 岡田 達也教育長>
20210825fukutsu2 520x342 - 福山通運/交通安全教本「育て学ぼう 安全のこころ」を寄贈

笠岡市への教本の寄贈は4回目となり、小林嘉文笠岡市長より子どもたちの交通安全意識の向上と交通事故のない地域社会を実現する活動に対し、感謝状が授与された。

この教本は、子どもたちには安全な道路の横断の仕方や自転車の乗り方を分かりやすく紹介し、保護者には交通安全に関する子どもへの教育方法などを解説している。

小丸交通財団は、交通安全思想の普及啓発活動を目的として2013年 9月9日に創立され、全国の小学校を中心とした交通安全教室の開催や交通事故防止の啓発活動を行っている。

また、日本語を学ぶ学生に学習成果を発表する機会を提供し、交通安全意識の向上や日本との文化交流を目的に海外での日本語作文スピーチコンテストを継続して行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集