エスライングループ/新型コロナワクチン職域接種実施

2021年09月13日 

エスライングループは9月11日・12日の両日において、岐阜県・愛知県・三重県内のエスライングループの事業会社9社の従業員及びその家族約470人が、エーザイ川島工場、テルモ・クリニカルサプライ(いずれも岐阜県各務原市)と合同で、新型コロナウイルス対策ワクチンの職域接種(1回目)を実施した。

運輸業では、日々配達や集荷のためにドライバーが顧客の事業所や店舗等へ伺った際、顧客と接する機会が多いことから、早期に従業員へのワクチン接種を実施すべく職域接種の申請を行っていたところ、実施できる運びとなったもの。

また同社では、ワクチン接種を希望した従業員の副反応等の不安を払拭するために、接種当日及び翌日以降に体調不良が発生した場合、就業免除又は特別休暇を取得できる制度を設けている。

なお、今回の合同での職域接種では、接種枠の一部を各務原市民200人に開放している。これにより、少しでも地域住民にもワクチン接種が進み、感染拡大防止の一助になればとしている。

2回目接種の予定は10月9日と10月10日。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集