首都高速道路/浦和北料金所で料金所スタッフが新型コロナ感染

2021年09月14日 

首都高速道路は9月13日、首都高速道路の料金所で料金の収受を行う同社グループ会社の首都高トールサービス西東京浦和営業所に勤務する料金所スタッフ1名が、新型コロナウイルスの抗原検査で「陽性」であることが確認されたと発表した。

この料金所スタッフは、埼玉県さいたま市桜区の高速埼玉大宮線「浦和北料金所において料金所ブースで料金収受業務を行っていた。

この料金所は消毒作業を終了しており、料金所はこれまでどおり利用できる。

料金所スタッフと接触の可能性のある者は、自宅待機を指示している。同社は現在、保健所の調査、指導に対して協力して対応している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集