日本サニパック/ポリ袋値上げ、コロナ禍で海上運賃高騰

2021年09月22日 

日本サニパックは9月22日、ゴミ袋・食品保存袋などのポリエチレン製品を10月21日納品分から値上げすると発表した。

ポリエチレン製品については、原料の高騰に加え、コロナ禍による港湾の混乱で世界的に海上運賃が高騰、また、国内でも物流費の上昇が避けられない状況となっている。

同社では生産性の向上や経費削減などの企業努力を重ねてきたが、これらのコスト上昇分を吸収することは難しいと判断し、安定供給と品質維持のため値上げを決定した。

値上げの対象商品は、ゴミ袋や食品保存袋などポリエチレン製品全般で、15%以上の値上げを予定している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集